テレビ放送の言葉遣いがおかしいと思います

テレビのニュース番組などで、自社の人間を視聴者に向けて紹介する時、その話し方は例として「政治部の○○部長です」というパターンになることがほとんどだと思います。
しかし、顧客に向けて自社の人間を紹介するのであれば例え社長であっても「社長の○○です」と言うべきなのがビジネスマナーと私は教わりました。
かつて放送されていたニュースステーションではこの場合は一般的なビジネスマナーに添った紹介を行っていて至極当然のことなのですが、感心したおぼえがあります。
また、芸能人でも石原プロはきちんとしていると思います。
例えば舘ひろし氏が渡哲也氏のことを誰かに語る時は「渡」と称しています。渡氏は大物俳優なのに(舘氏も有名俳優ですが)、石原プロはそのあたりきちんとされています。
子どもが多く見るであろうヒーロー番組では、若者が明らかに年上と思われる人物に対してタメ口を使うシーンが多々あります。
フィクションの世界ではありますが、視聴している子どもに悪影響があると思います。
誰にでもタメ口で話しかける人が格好良いとテレビ局は訴えたいのでしょうか。
テレビ局は言葉を大切にしてるか否かと問われれば、大切にしていると答えるでしょう。
でも、本当にそうなのか疑問です。